資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 荒井
(とうかいどうごじゅうさんつぎ あらい)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 今切(いまぎれ)の渡(わた)しの、荒井側の船着き場を描いています。画面左に見えるのは、今切の関所です。今切の関所は箱根の関所と並び、取締りの厳しい関所として知られていました。

Page Top