資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 白須賀
(とうかいどうごじゅうさんつぎ しらすか)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 画面右手前に見える小高い丘の坂道は、眺望の良さで評判だった汐見坂(しおみざか)です。後景には遠州灘(えんしゅうなだ)が広がっています。描かれている人物の動きが斜めに入っているのに対して、後景の遠州灘の水平線が印象的に表されています。

Page Top