資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 二川
(とうかいどうごじゅうさんつぎ ふたがわ)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 街道を、旅姿の女性が共を連れて馬に乗りながら進んでいます。馬方も女性も楽しげな表情で、和やかな雰囲気が伝わってきます。

二川宿は、江戸から見て、三河の国(現在の愛知県)に入る最初の宿場として、江戸時代の東海道の宿場の草創期から存在していました。2村をつないだ奥行の長い宿場として知られ、現在でも宿場の風情を残しています。この画は宿場を通過したところのように見えます。馬を引く馬方の着物が肩からはだけているのがユーモラスです。

Page Top