資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 吉田
(とうかいどうごじゅうさんつぎ よしだ)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
吉田宿は現在の豊橋にあたります。画面手前に豊川に架かる吉田大橋(豊橋)が描かれています。
吉田大橋は東海道の中でも屈指の大きな橋であり、橋と川と城郭を同時に描くことができる景観が好まれ、他の東海道作品にも多く描かれています。

Page Top