資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 桑名
(とうかいどうごじゅうさんつぎ くわな)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 桑名宿と宮宿をつなぐ「海上七里(かいじょうしちり)の渡(わた)し」は東海道中で唯一の海路であり、七里(約28km)を四時間かけての航路でした。
桑名の焼き蛤(やきはまぐり)は東海道五十三次の宿場の名物の中で最も有名と言えるもので、この画でも店先で焼いています。

Page Top