資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 四日市
(とうかいどうごじゅうさんつぎ よっかいち)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 四日市宿(よっかいちしゅく)の西に位置する日永(ひなが)の追分(おいわけ)の場面を描いています。この場所で、東海道と伊勢(いせ)街道(かいどう)にわかれます。画面中央には、伊勢神宮の二(に)の鳥居(とりい)と常夜燈(じょうやとう)が見え、多くの旅人が行き交い、賑わいある追分の雰囲気が表現されています。

Page Top