資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 石薬師
(とうかいどうごじゅうさんつぎ いしやくし)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 画面中央の両脇に、石垣の土台の上に土盛りがされ、さらに頂部には柵が設けられている構造物が見えます。これは見付(みつけ)という宿場の入口に設けられたもので、元来は見張りの番兵などを置いた軍事施設のことをいいました。東海道が整備された江戸初期には、街道や宿場が軍事的な性質をもっていたことが伺えます。

Page Top