資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 坂の下
(とうかいどうごじゅうさんつぎ さかのした)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 坂之下宿から土山宿に向かう道は、鈴鹿峠(すずかとうげ)を通るため、峻厳な岩山が描かれます。この画では、女性二人が鈴鹿峠の絶景を楽しんでいます。

Page Top