資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 みなくち
(とうかいどうごじゅうさんつぎ みなくち)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸 昭和
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 水口宿の名物である干瓢(かんぴょう)づくりの風景を描いています。女性が持っている緑色の楕円が干瓢のもとになるユウガオを実です。これを紐状に剥いて干して作ります。

Page Top