資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 石部
(とうかいどうごじゅうさんつぎ いしべ)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 宿場の旅籠から、男性の宿泊客が景色を眺め、働く女性が寝具を運んでいる場面です。石部宿は歌舞伎の演目である「恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたづな)」の舞台であり、画中の男女はその登場人物である長右衛門とお半を模していると思われます。


石部宿は、京都を出て約1日の行程で着く場所であるため、宿が多くありました。中には、将軍も宿泊する本陣もありました。この絵では、梅を眺め宿でくつろぐ旅人の姿が印象的です。

Page Top