資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 草津
(とうかいどうごじゅうさんつぎ くさつ)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 草津名物の姥(うば)が餅(もち)を売る茶屋の風景です。駕籠(かご)が店前で止まり、茶屋の繁盛している様子が描かれています。

草津宿は、中山道と合流する地点であり、旅人だけではなく、かなりの物流の行き来がありました。描かれた茶屋は、草津の名物の姥餅屋(うばがもちや)です。

Page Top