資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 大津
(とうかいどうごじゅうさんつぎ おおつ)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 草津側の渡し場の矢橋(やばせ)から、琵琶湖を挟んで対岸の大津側を見た風景です。画面遠景には比叡山(ひえいざん)、その右側には比良(ひら)山脈(さんみゃく)が描かれています。

草津宿から船で琵琶湖(びわこ)を渡る矢橋の渡し(やばせのわたし)の対岸である大津宿の石場の港(いしばのわたし)を描いています。印象的な灯篭(とうろう)は、石場の常夜灯(じょうやとう)です。

Page Top