資料詳細

一覧へ戻る

東海道四十八 五十三次之内 坂の下(蔦屋版)
資料番号 10255
資料名 東海道四十八 五十三次之内 坂の下(蔦屋版)
(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち さかのした(つたやばん))
分類 藤沢宿名所(江の島・遊行寺・四ッ谷・南湖)
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 弘化4年(1847)~嘉永5年(1852)
形態・用途 書画
場所 坂の下
解説
中判横1枚 縦18.1 横24.5

坂下宿の手前の筆捨山(ふですてやま)の場面を描いています。この茶屋は、鈴鹿川を挟んだ対岸に望む筆捨山の眺望が評判でした。画中の赤枠の中に「古法眼筆捨山」とありますが、これは古法眼(こほうげん)と称された室町時代の絵師、狩野元信(かのうもとのぶ)がこの山を写そうと筆を取ったところ天候の変化に左右され思うように写しきれず、ついに諦めて筆を捨てたという故事に由来するものです。


製作時期:弘化4年(1847)~嘉永5年(1852)。板元:蔦屋吉蔵
このシリーズは板元名から俗に蔦屋版東海道と呼ばれます。
関連資料 蔦屋版東海道 詳細

Page Top