資料詳細

一覧へ戻る

資料名 横浜明細全図
(よこはまめいさいぜんず)
作者 歌川 芳員 詳細
時代 江戸
時代詳細 慶応4年(1858)
解説
 安政5年(1858)に開港した横浜の様子を描いた絵図です。港には欧米各国の帆船が描かれ、中央下部の「御台場(おだいば)」(砲台)の向かいの「ハトバ(wharf)」は、現在の通称「象の鼻」です。
芳員は幕末期に流行った「横浜絵」(開港地横浜の景観や風俗を描いた錦絵)の代表的な絵師の一人で、こうした鳥瞰的(ちょうかんてき)な作品も描いています。

Page Top