資料詳細

一覧へ戻る

資料名 納札文化保存会「東海道五十三次膝栗毛」
(のうさつぶんかほぞんかい「とうかいどうごじゅうさんつぎひざくりげ」)
作者 歌川 芳員 詳細
時代 昭和
時代詳細 昭和34年(1959)
解説
 納札文化研究会が昭和34年度の会合のまとめとして発行した納札(巡礼者が霊場に参拝したしるし)集兼浮世絵集。
浮世絵は歌川芳員の「東海道五十三次」(おもしろ東海道五十三次)を、版を新たにして編集しています。隔月の会合の内には、2回にわたって「東海道五十三次膝栗毛」を扱っている回があり、軽妙な画風が好まれて復刻されたものでしょうか。
保存会には江戸演芸関係者も多くいたようで、納札(を収めたメンバー)には、江戸文字(えどもじ)(江戸時代に盛んに使用された図案文字の総称。それぞれの書体は別々の名称を持ち、もともとは使用される用途も違っていた)の橘右近(たちばなうこん)、寄席の新宿末廣亭(しんじゅくすえひろてい)、講談の一竜斎貞丈(いちりゅうさいていじょう)、落語の三遊亭圓馬(さんゆうていえんば)、三遊亭百生(さんゆうていひゃくしょう)、柳家小さん(やなぎやこさん)、奇術のアダチ龍光(あだちりゅうこう)、柳亭痴楽(りゅうていちらく)、漫才の都家かつ江(みやこやかつえ)、桂枝太郎(かつらえだたろう)などの名前が見られます。

Page Top