資料詳細

一覧へ戻る

東海道五十 五十三次之内 水口(蔦屋版)
資料番号 10257
資料名 東海道五十 五十三次之内 水口(蔦屋版)
(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち みなくち(つたやばん))
分類 藤沢宿名所(江の島・遊行寺・四ッ谷・南湖)
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 弘化4年(1847)~嘉永5年(1852)
形態・用途 書画
場所 水口
解説
中判横1枚 縦18.1 横24.5

水口宿は、東海道が制定される以前より伊勢参宮街道の宿場町として栄え、「街道一の留め場(とめば)」と言われるほど賑わっていました。この画では、繁盛する旅籠の様子を鳥瞰的に描き、それぞれ部屋で思い思いに過ごす旅人の姿が細かく描写されています。
製作時期:弘化4年(1847)~嘉永5年(1852)。板元:蔦屋吉蔵
このシリーズは板元名から俗に蔦屋版東海道と呼ばれます。
関連資料 蔦屋版東海道 詳細

Page Top