資料詳細

一覧へ戻る

資料名 双筆五十三次 日本橋
(そうひつごじゅうさんつぎ にほんばし)
作者 歌川国貞(三代豊国)/歌川広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
子供と母親が日本橋を渡る様子が描かれています。子供の右手には槍持(やりもち)をかたどった人形が見えます。槍持とは、この場合は毛槍を担いで大名行列の先頭を歩く人を指します。
後ろのコマには日本橋の橋桁が近景に大きく配されています。遠景には富士山と江戸城が見え、いかにも日本橋の名所絵らしい表現となっています。

Page Top