資料詳細

一覧へ戻る

資料名 双筆五十三次 戸塚
(そうひつごじゅうさんつぎ とつか)
作者 歌川国貞(三代豊国)/歌川広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 旅籠屋での場面が描かれています。女性は鉄漿(おはぐろ)をしていて宴会用の酒や肴を運んでいるようです。楽しみに待つ男性の様子が表情や動きから伝わってきます。
戸塚宿は江戸からおよそ十里半(約42km)で、江戸から出発した旅人の多くはここで一泊目を過ごしました。坂道が描かれている通り、戸塚宿にはいくつか坂があり、保土ヶ谷宿との間にある権太坂(ごんたざか)は難所としても有名でした。

Page Top