資料詳細

一覧へ戻る

資料名 双筆五十三次 大磯
(そうひつごじゅうさんつぎ おおいそ)
作者 歌川国貞(三代豊国)/歌川広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 曽我の仇討ちで知られる、曽我十郎祐成(そがのじゅうろうすけなり)とその恋人である虎御前(とらごぜん)の二人が描かれています。曽我の仇討ちとは、曽我十郎祐成と曽我五郎時致の兄弟が、父親の仇を討つ話です。様々な舞台の演目として上演され、特に歌舞伎では人気を博しました。本図の十郎は三代目沢村宗十郎(さんだいめさわむらそうじゅうろう)を思わせると指摘されています。
背景は高麗山(こまやま)と小余綾(こゆるぎ)の磯を描いています。東海道を東から歩くと、本図のような光景が見えていたものと思われます。

Page Top