資料詳細

一覧へ戻る

資料名 ふきや町市村座大入りあたり振舞楽屋之図
(ふきやまちいちむらざおおいりあたりふるまいがくやのず)
作者 歌川 国貞(三代 豊国) 詳細
時代 江戸
時代詳細 文化8年(1811)
解説
味の素食の文化センター所蔵

 江戸の歌舞伎は幕府が厳しく監視していたため、歌舞伎を上演できる芝居小屋が限られていました。本図は、幕府公認の芝居小屋の一つ、「市村座(いちむらざ)」の楽屋での宴の様子を描いています。興行が成功を納め、利益が上がった時に、興行元が俳優や関係者を招待して宴を開くのが習慣でした。大皿に盛られた大量の料理が並び、祝いのムードが漂っています。

Page Top