資料詳細

一覧へ戻る

五十三次名所図会 十四 原(竪絵東海道)
資料番号 10275
資料名 五十三次名所図会 十四 原 あし鷹山不二眺望(竪絵東海道)
(ごじゅうさんつぎめいしょずえ じゅうし はら あしたかやまふじちょうぼう(たてえとうかいどう))
分類 藤沢宿名所(江の島・遊行寺・四ッ谷・南湖)
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
形態・用途 書画
場所
解説
大判縦1枚 縦35.3 横24.0
製作時期:安政2年(1855)。板元:蔦屋吉蔵

 一番奥に見えるのが富士山、その手前があし鷹山(漢字では「愛鷹山」と書きます)です。あし鷹山の下に広がる湿地帯は浮島が原(うきしまがはら)と呼ばれ、原宿(はらしゅく)の名前の由来と言われています。画面上部に富士山が突き出て描くことで、富士山がいかに大きいかを表現しています。

このシリーズが竪(たて)型版であるため、一般に竪絵(たてえ)東海道と呼ばれ、広重晩年(59才)の作品です。広重の東海道ものは大体において、横型の風景画が多いなかで、竪型物もいくつかあります。この名所図会シリーズではほとんどの宿が鳥瞰図で描かれ、町並み等に遠近法を用い、横判では見られない雰囲気をかもし出しています。
関連資料 五十三次名所図会 詳細

Page Top