資料詳細

一覧へ戻る

東海道五拾三次之内 藤沢図
資料番号 10341
資料名 東海道五十三次之内 藤沢図
(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ふじさわず)
分類 江の島一ノ鳥居・大鋸橋付近を描いた作品
作者 歌川 国貞(三代 豊国) 詳細
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 藤沢
解説
中判縦1枚 縦25.6 横18.3
製作時期:天保10年頃(1839)。板元:佐野喜(佐野屋喜兵衛)

背景は広重の保永堂版東海道「藤沢 遊行寺」を下敷きにしています 。女性の後ろにある、大鋸橋(だいぎりばし)(現在の遊行寺橋)と、かつてその際にあった江の島一ノ鳥居で、女性の頭上に山のように描かれているのが遊行寺です。大きな木太刀(きだち)と御神酒枠(おみきわく)を担いだ大山詣りの一行は、広重の作品では橋の上にいますが、国貞の図では鳥居の前まで来ています。手前の女性は旅立ちのため帯を締めているところでしょうか。足元には煙草入れ、風呂敷包み、菅笠(すげがさ)といった旅の道具が置かれています。板元は佐野屋喜兵衛(さのやきへえ)。

国貞の「美人東海道」の名で親しまれている本作は、背景に東海道五十三次の宿場の風景が、手前には美人が各地に関連した風俗で描かれます。東海道の景色が歌川広重の代表作「保永堂版(ほえいどうばん)東海道」を下敷きにして描いている点が特徴ですが、宮宿(みやしゅく)から京都まで(四日市(よっかいち)除く)は国貞のオリジナルの絵柄となっています。
関連資料 五拾三次景色入女画 詳細

Page Top