資料詳細

一覧へ戻る

東海道五拾三次之内 石部之図
資料番号 10386
資料名 東海道五十三次之内 石部之図
(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち いしべのず)
分類 江の島一ノ鳥居・大鋸橋付近を描いた作品
作者 歌川 国貞(三代 豊国) 詳細
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 石部
解説
中判縦1枚 縦25.6 横18.3
製作時期:天保10年頃(1839)。板元:佐野喜(佐野屋喜兵衛)

背景の引用元は未詳ですが、宿場の旅籠の様子を描いています。旅籠の軒先には講札がみえます。店先で腰を掛けている男は武士で、従者の男が荷を下ろそうとしています。駕籠に乗る女性は連れ合いでしょう。旅籠の女中が差し出す盆には、茶碗が3つ載っており、国貞の細やかな演出が見られます。
手前の女性は、芸妓でしょうか。扇子を広げて持ち、踊りのしぐさをしているようです。
この頃、上方の女性は前髪を高く押し出す風習があったようで、図中の女性の前髪は他の図の女性とは異なる描き方をしています。いよいよ京も近づき、描く女性にも上方の雰囲気を表現しているようです。

国貞(三代豊国の前名)描くこの東海道シリーズは、各宿の風景をバックにして前面に立ち姿の美人を描いたもので、全シリーズを通し、バックの風景画は広重の保永堂版東海道に非常によく似ています。
関連資料 五拾三次景色入女画 詳細

Page Top