資料詳細

一覧へ戻る

東海道五十三次之内 藤沢 小栗判官(役者見立東海道)
資料番号 10391
資料名 東海道五十三次之内 藤沢 小栗判官(役者見立東海道)
(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ふじさわ おぐりはんがん(やくしゃみたてとうかいどう))
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 国貞(三代 豊国) 詳細
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 藤沢
解説
大判縦1枚 縦36.2 横24.7
製作時期:嘉永5年(1852)。板元:伊勢兼(伊勢屋兼吉)
このシリーズは各宿にゆかりのある歌舞伎の主人公を演ずる人気役者の姿を大きく描き、上部の背景にその地方の風景が添えられているものです。こうした趣向を「見立(みたて)」といい、この一連の作品は「役者見立東海道」と呼ばれています。発売と共に非常な人気を呼び、図柄も追加され、また新たに宿間の図も出版されました。この画は藤沢宿で、ゆかりの物語「小栗判官照天姫伝説」の主人公、小栗判官を描いています。扮する役者は坂東竹三郎(のち、五代坂東彦三郎)です。背景の藤沢宿の風景は初代広重の保永堂版東海道の構図を使用しています。

Page Top