資料詳細

一覧へ戻る

東海道 白須賀(上洛東海道)
資料番号 10429
資料名 東海道 白須賀(御上洛東海道)
(とうかいどう しらすが(ごじょうらくとうかいどう))
分類 道中風俗を描いた作品
作者 歌川国綱 詳細
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 白須賀
解説
大判縦1枚 縦36.5 横24.3
製作時期:文久3年(1863)。板元:越平(越村屋平助)

海岸に沿って東海道を進む一行が描かれています。行列の進む道は遠州灘(えんしゅうなだ)を一望できる名勝地の潮見坂(しおみざか)と思われます。潮見坂は京都から江戸に進む際に初めて富士山を見ることのできる場所として知られ、絵にも「冨士見松」と名のついた松が見られます。

文久3年(1863)の十四代将軍家茂の上洛を意識して出版された東海道シリーズで「上洛東海道」と言われているものです。このシリーズは、どの作品にも武士の姿や大名行列が描かれています。東海道の宿場だけではなく、街道筋の名所も取り上げているため、150枚を越える膨大な揃い物となっています。描いている絵師も三代歌川豊国、二代広重をはじめ、十数名の当時の売れっ子絵師が分担して描いています
関連資料 上洛東海道 詳細

Page Top