資料詳細

一覧へ戻る

勝川春章 役者見立忠臣蔵八段目
資料番号 10002
資料名 役者見立忠臣蔵八段目
(やくしゃみたてちゅうしんぐらはちだんめ)
分類 江の島そのものを主題とした作品
作者 勝川 春亭 詳細
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 江の島
解説
大判横1枚 縦21.7 横32.0
制作時期:文化年間(1804~17)。板元:鶴屋金助
浮絵(うきえ)という遠近感のある洋風表現を用いて、忠臣蔵八段目の道行(みちゆき)の場面を美人画に見立てて描いたもので、他の絵師の画題としても多くとりあげられています。

Page Top