資料詳細

一覧へ戻る

東海道 藤沢
資料番号 10458
資料名 東海道 藤沢
(とうかいどう ふじさわ)
分類 江の島一ノ鳥居・大鋸橋付近を描いた作品
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 藤沢
解説
中判縦1枚 縦22.5 横16.5
製作時期:文久3年(1863)。板元印なし
十四代将軍家茂の上洛を意識して出版された「上洛東海道」と同じく、文久3年(1863)に発行された、宿場の風景に行列を描き込んだシリーズです。朝霧のなか、東海道の通る大鋸橋(現遊行寺橋)を行列が通り過ぎていくところを描いたもので、左手前の鳥居は江の島一ノ鳥居。上方の屋根は遊行寺のものです。手前の杖を持った旅装の二人の女性は江の島詣でしょう。

Page Top