資料詳細

一覧へ戻る

東海道五十三次内 藤沢 ひらつかへ二り余
資料番号 10580
資料名 東海道五十三次内 藤沢 ひらつかへ二リ余
(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ふじさわ ひらつかへにりよ)
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 芳員 詳細
時代 江戸
時代詳細 嘉永6年(1853)
形態・用途 書画
場所 藤沢
解説
中判横1枚 縦25.4 横18.1
板元:丸蔦

藤沢の背景に見えるのは藤沢のランドマークの一つ遊行寺(ゆぎょうじ)で、手前には縁のある伝説の人物、小栗判官(おぐりはんがん)(左)・照手姫(てるてひめ)(中央)・馬の鬼鹿毛(おにかげ)(右)が描かれています。物語では、小栗判官が人食い馬の鬼鹿毛を乗りこなし、碁盤の上で鬼鹿毛を四つ足立ちにさせるのですが、ここでは碁盤で、小栗判官と鬼鹿毛が仲良く碁を打っているという図。

歌川派の多くの浮世絵師が東海道五十三次シリーズを描いていますが、芳員が描いたこのシリーズは、各宿場にまつわる伝説や逸話を面白おかしく紹介しています。全般的に横小判の絵の中にはユーモラスな図柄が多いとも言われます。この藤沢の場面は、侍と馬が囲碁を打っているもので、藤沢ゆかりの「小栗判官照天姫伝説」に登場する、「鬼鹿毛乗馬の段」を暗示しています。すなわち、侍が小栗判官、馬が鬼鹿毛、横で見ている女性が照天姫というわけです。鬼鹿毛が轡(くつわ)の印の浴衣を着ているのもご愛敬といったところです。
関連資料 東海道五十三次内(芳員) 詳細

Page Top