資料詳細

一覧へ戻る

東海道五十三次内 庄野
資料番号 10626
資料名 東海道五十三次内 庄野
(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち しょうの)
分類 藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品
作者 歌川 芳員 詳細
時代 江戸
時代詳細 嘉永6年(1853
形態・用途 書画
場所 庄野
解説
中判横1枚 縦25.4 横18.1
製作時期:嘉永6年(1853)。板元:丸蔦

庄野(しょうの)では籠をもった女性二人が描かれています。松の下に大量の白いキノコが生えていますが、広重「保永堂版東海道五十三次 亀山」に記された「白雨」へのパロディでしょうか。
関宿(せきしゅく)、地蔵院(じぞういん)の地蔵は日本最古の地蔵菩薩像と言われ、円満(満ち足りている、福福しい)な顔立ちで、古くから東海道を旅する人々の信仰を集めてきました。俗謡(民衆の間で歌われてきた、または歌われている歌)では「関の地蔵さんに振袖着せて 奈良の大仏婿に取ろ」と歌われています。


歌川派の多くの浮世絵師が東海道五十三次シリーズを描いていますが、芳員が描いたこのシリーズは、各宿場にまつわる伝説や逸話を面白おかしく紹介しています。全般的に横小判の絵の中にはユーモラスな図柄が多いとも言われます。
関連資料 東海道五十三次内(芳員) 詳細

Page Top