資料詳細

一覧へ戻る

歌川広重 諸国勝景 相州七里ヶ浜
資料番号 10044
資料名 諸国勝景 相州七里ヶ浜
(しょこくけいしょうそうしゅうしちりがはま)
分類 七里ヶ浜から遠景に江の島を描いた作品
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 江の島
解説
中判縦1枚 縦21.9 横15.8
制作時期:天保11年~13年(1840~1843)頃。板元:増銀
諸国勝景シリーズには10点あり、1「近江琵琶湖」、2「京師嵐山」、3「芸州厳島」、4「下総刀禰川」、5「駿州三甫浦」、6「勢州二見ヶ浦」、7「相州七里ヶ漬」、8「東都霞ヶ関」、9「播州室之津」、10「武蔵玉川」です。広重はこうした小品を沢山描いているのですが、風景の代表作には各種の東海道シリーズが有名で、その種類は40を越えるといわれます。中でも最も著名な保永堂版の「東海道五拾三次」(天保3・4年)俗に「行書(ぎょうしょ)東海道」と呼ばれる天保末頃の江崎屋版のシリーズ。また嘉永前期の「隷書(れいしょ)東海道」と呼ばれる丸清版などがあります。また他にも「木曾街道六拾九次」、「名所江戸百景」などがあります。

Page Top